クロス屋さんの道具

クロス屋さん必見!マキタ充電式ドライウォール電動サンダーとは?

マキタ充電式ドライウォールサンダー

勇助っ人
今日はなんとマキタから充電式ドライウォールサンダーという商品が出たから紹介するね
ドライウォールって聞いたことないけどマキタ充電式ドライウォールサンダーってどんな商品なの?
職人見習い君
勇助っ人
簡単に言うと今まで手作業でやってたパテの削りを電動でできるようにした商品だよ

ドライウォールっていうのは海外の施工方法なんだけどそれは後で説明するね

わかったよー
職人見習い君

今回はマキタの充電式ドライウォールサンダーについて紹介していきます。

私は現役のクロス職人なのでYoutubeでよく海外のパテ打ちなどを見ていたのですが、その時によく電動サンダーを目にする機会がありました。

日本にもこんな道具があれば便利だなーと思っていたのですがやっと海外マキタから上陸したようです!

今回紹介する内容はクロス屋さんにとってかなり役立つ情報になると思います。

具体的にはこんな感じです!

  • マキタ充電式ドライウォールサンダーとは?
  • マキタ充電式ドライウォールサンダーにおすすめの集塵機
  • マキタ充電式ドライウォールサンダーの価格

これらの内容についてさらに深堀りして紹介していくのでこの記事を最後まで見ていただければマキタ充電式ドライウォールサンダーについて完璧に理解していただけると思います!
クロス屋さんの道具について気になる方はこちら


マキタ充電式ドライウォールサンダーとは?

 

マキタ充電式ドライウォールサンダーとは

マキタ充電式ドライウォールサンダーとは撹拌機の先の部分に回転するサンダーを付けたような道具です。

さらに集塵機と連結できるように設計されているのでマキタの集塵機と繋げる事によって自動で削りながら同時にパテの粉まで吸ってしまうという優れものなのです。

実はマキタに限らず海外ではさまざまなメーカーがドライウォールサンダーを出しています。

その中で唯一マキタが日本にドライウォールサンダーを上陸させたのです!

それでは

  • ドライウォールって何?
  • マキタ充電式ドライウォールサンダーはマキタコードレス集塵機と連結させるべき
  • 伸縮ポールにより長さ調節可能!
  • 一回の充電で平均42分使用可能!
  • 発熱・過負荷防止機能

まずは上記の内容を紹介していきます!
パテにおすすめの撹拌機が知りたい方はこちら

ドライウォールって何?

ドライウォール工法とは海外で一般的な施工方法です。

海外ではほとんどペンキ仕上げなのと内装に対する考え方が違うので日本の住宅とパテの施工方法が異なります!

海外では見た目もさることながら気密性やボードの強度を重要視するようです。

具体的にドライウォール工法では

  • テーパーボードを使っている
  • ボードとボードの隙間を完全に無くす事が特徴
  • 天井と壁の取り合いの部分や入隅部分にテーパーボード専用のテープを貼ってからパテを打つ

この辺りが一般的な日本の施工法との違いです!

こうすることによりドライウォール工法では【気密性の向上】、【ボード目地のひび割れ防磁】、【壁や天井の強度アップ】を実現できます。

ちなみにテーパーボードはこんな感じです。

ドライウォールのテーパーボード

日本で一般的なvカット目地とは違い4センチぐらいの窪みがあります。

ここに専用のテープを入れて窪みを補強し、その上からパテを打っていきます。
クロス屋さんにおすすめのパテが知りたい方はこちら

マキタ充電式ドライウォールサンダーはマキタコードレス集塵機と連結させるべき

マキタ充電式ドライウォールサンダーは名前に入っている通り充電式です!

本体とは別売りのマキタ充電器とバッテリー18Vを使う事によってコードレスを実現しています。

ドライウォールサンダー単体で使う場合はたしかにコードレスで使えます!

しかしマキタ充電式ドライウォールサンダーは別売りのマキタ集塵機と連結させることができる機能がついているのです!

しかもその集塵率はなんと95%です!

普通に手で削って掃除しても相当綺麗に掃除しない限り恐らく見えないところに5%以上粉が残ってしまうと思われます!

せっかく削りながら粉を吸ってくれる機能がついているのにこの機能を使わないと勿体ないです!

その際にコード付きの集塵機を使ってしまうとコードレスでは無くなってしまいます。

マキタではコードレス集塵機というものが発売されているのでマキタコードレス集塵機と連結する事で完全コードレスを実現できます。

延長ハンドルにより最大2.1Mまで延長可能!

マキタ充電式ドライウォールサンダーの伸縮ポール

マキタ充電式ドライウォールサンダーは専用の延長ハンドルを取り付ける事により最大2.1Mまで長さを延長する事ができます。

これにより脚立要らずで3mほどのタッパの高い天井なども容易に削る事ができます。

通常時でも伸縮ポールがついているので1.1mから1.5mまで調整可能です。

延長ハンドルを取り付けなくても普通の天井なら容易に削れてしまいます!

一回の充電で平均42分使用可能!

マキタ充電式ドライウォールサンダーのダイヤル

マキタ充電式ドライウォールサンダーは5段階の変速機能が付いているのですがこの3段階目で使用した場合1回の充電で42分継続して使用する事ができます!

バッテリーを2個持っていれば半永久的に継続して使用できます

が!

継続して使用しすぎたらもしかしたらマキタ充電式ドライウォールサンダーが熱を持ちすぎて壊れてしまうかもしれません!

そんな時に役立つのがこちらです!

発熱・過負荷防止機能

マキタ充電式ドライウォールサンダー発熱・過負荷保護機能

この発熱・過負荷保護機能により「使用してたらいきなり壊れた!」とかいう事態を未然に防げます!

万が一継続して使用しすぎた場合や真夏などに暑い場所で作業していて気が付かない内に熱を持ってしまった場合などもこの機能が付いている事により安心して使用できます。

YouTubeに実際使っている様子があったのでリンクを貼っておきます!

マキタ充電式ドライウォールサンダーにおすすめの集塵機TOP3

マキタ充電式ドライウォールサンダーおすすめ集塵機

先ほどマキタ充電式ドライウォールサンダーにはコードレス集塵機がおすすめという話をしましたが具体的にどのような集塵機がおすすめなのかみていきましょう!

結論から言ってしまうとコードレス集塵機のランキングはこんな感じになります。

  1. 充電式背負集塵機【VC665 DZ】
  2. 充電式背負集塵機【VC265DZ】
  3. 充電式集塵機【VC864 DZ】

もちろん私の独断と偏見によるランキングですがなぜこのようなランキング付けにしたか詳しく説明していきます!

1位:充電式背負集塵機【VC665 DZ】

マキタコードレス集塵機【VC665DZ】

 

この集塵機は充電式でコードレスなのに加えてなんと背負い式の集塵機なのです!

背負い式にする事によりいちいち集塵機を移動させる手間が省けます。

そしてパワー調節も可能でパワフルモードでも45分充電が持ちます!

マキタ充電式ドライウォールサンダーの継続使用時間が42分だったのでパワフルモードで集塵すれば交換作業を同時にできる事に加え、集塵力もさらにアップします。

容量も6リットルと背負い式の中では最大なので集塵機を使う上で一番めんどくさいと思われる粉の除去作業も頻繁にしなくて済みます。

さらにBluetooth連動機能により充電式ドライウォールサンダーと使用のタイミングを連動させる事ができます!

価格は45900円とコードレス集塵機の中ではそれほど高くはないのでおすすめです。

2位:充電式背負集塵機【VC265DZ】

マキタ:コードレス集塵機、背負いタイプ

第2位の集塵機も充電式の背負い式になります。

先ほどの集塵機同様Bluetooth連動機能やパワフルモードが付いているので性能的にはほとんど同じになります。

それでは何が違うのかというと【容量】が違うのです

この集塵機は容量が2リットルと先ほどの集塵機の3分の1ほどになります!

容量が少ないので粉を除去する頻度は多くなりますが重量が軽くなり、さらにコンパクトになるので先ほどの集塵機より疲れづらくなり動きやすくもなります。」

価格は41400円です。

粉を除去する作業より集塵機の重さやサイズにこだわるという方はこちらの集塵機がおすすめです。

3位:充電式集塵機【VC864 DZ】

マキタコードレス集塵機VC864DZ

最後に紹介するのは一般的なタイプのコードレス集塵機です。

この集塵機は私が調べたところ一般的なタイプで唯一Bluetooth連動可能型でした!

背負い型だと重くてかえって大変だと思う方におすすめです。

集塵容量も8リットルと背負い型に比べると多いですしホースも5Mと結構長いのでそんなに移動しなくてもサンダー掛けができてしまうでしょう!

しかしマキタ充電式ドライウォールサンダーで削る事を考えると吹き抜けやロフト付きの部屋、階段などはやはり背負い型の方が便利だと思い3位にしました。

価格は59000円と背負い型に比べると高いですが人によってはおすすめの集塵機となります。
おすすめの集塵機はこちら

マキタ充電式ドライウォールサンダーの価格

マキタ充電式ドライウォールサンダーの価格

最後にマキタ充電式ドライウォールサンダーの価格を紹介しようと思います!

本体の標準小売価格は74400円でした!

しかし楽天などでは5万円代で売られているところもあったので実質5万円から7万円ぐらいだと思われます。

中古はある?

なかなか高価な商品だったので中古品は無いか調べてみました。

日本最大のフリマアプリであるメルカリで調べてみたのですがまだ中古品は出回っていないようでした。

中古品が出回り次第随時更新していこうと思います!

海外のドライウォールサンダーの価格は?

 

海外品ドライウォールサンダー

英語でdrywall sanderと調べてみたところ↑のような商品が出てきました!

なんと集塵機と一体型のようです。

価格も15000円程度だったのでかなりお得でした!

しかし海外取り寄せ品なので基本英語のサイトで注文しなくてはなりません。

そして海外品なので保証が無いに等しいのと品質や使い勝手はどうなのか?さらにペーパーの替えも無くなり次第同メーカーの物を取り寄せなくてはいけないのを考えるとで少し面倒ですし不安な部分も多々あると思います。

Youtubeに載ってたので興味がある方は見てみてください!

マキタ充電式ドライウォールサンダーのまとめ

マキタ:ドライウォールサンダー

いかがでしたでしょうか?

今回の記事をまとめるとこんな感じでした!

  • そもそもドライウォールとは何か?
  • マキタ充電式ドライウォールサンダーは集塵機と連動させるとお得!
  • マキタ充電式ドライウォールサンダーにおすすめの集塵機ベスト3
  • マキタ充電式ドライウォールサンダーの価格
  • 海外のドライウォールサンダーについて

マキタ充電式ドライウォールサンダーが日本に上陸した事によりクロス屋さんに革命が起きるかもしれません。

クロス職人にとって削りと掃除は一番嫌な作業だと思います。

しかしドライウォールサンダーを使えばしばらくは一番楽しい作業になるかもしれません!笑

クロス屋さんの糊付け機のおすすめについても記事を書いているので良かったらみてくださいね!
クロス屋さんにおすすめの糊付け機

-クロス屋さんの道具

Copyright© 職人ブログ勇助っ人 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.